NTTドコモ(中村維夫社長)と米Googleは1月24日、携帯電話向けのインターネット検索サービスなどで、業務提携すると発表した。今後は、Googleマップサービスのiモード端末への標準搭載をはじめ、各種Googleサービスをiモード端末で利用可能にするなど、モバイルインターネットサービスに関する幅広い分野での利便性向上を共同で推進する。

 検索サービスの連携強化として、08年春を目途に従来のiモードメニューサイト検索結果に加え、携帯電話向け一般サイトやPCサイトの検索結果を表示するサービスを拡充する。同時に「iMenu」のトップ画面に検索BOXを新設し、検索サービスの利便性を向上する。検索連動広告でも、Googleの広告配信プラットフォーム「Google AdWords」を使って、検索結果ページに検索ワードと関連する広告表示を行う検索連動広告を開始する。

 また、Googleマップサービスの専用アプリケーションを早い時期にiモード端末に標準搭載し、GmailやYouTube、Picasaなどの各種Googleサービスをiモードへ対応させるなど、各種サービスと検索の連携について検討を進める。今後ドコモが発表するフルブラウザ搭載の新端末では、Googleをフルブラウザのスタートページに標準設定する。

 さらに、iモードにおける広告事業を行うドコモのグループ会社とも連携し、新たなモバイルマーケティングサービスの検討を進めるほか、Open Handset Allianceにより昨年発表した携帯電話向けソフトウェアプラットフォーム「Android」に関して、今後両社で協力してドコモ向けの商用化を含めた展開を検討していく。