バンダイは、人気漫画「キン肉マン」が連載開始から29(にく)周年を迎えることを記念し、1980年代に通称「キンケシ」として人気となった自販機専用カプセル商品「ガシャポン」の復刻版「29(にく)周年記念 キンケシ復刻版 夢の超人タッグ編」を3月上旬に発売すると発表した。

 「キン肉マン」(ゆでたまご原作)は、1979年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載がスタート。「キンケシ」は、「キン肉マン」に登場するキャラクターのフィギュアで、83年から87年までガシャポンとして販売。当時の累計販売数は約1億8000万個、キャラクター数200種類以上が商品化された。


 今回発売する「復刻版」では、当時の「キンケシ」から人気のキャラクター20種類を復刻した。カプセル内の組み合わせは固定で、全20種とも赤・青・肌色の3色を用意する。主なターゲットは、当時小学生として商品に親しんでいた30代の男性。玩具店、百貨店・量販店の玩具売場、スーパーマーケットやアミューズメント施設などで販売する。価格は1カプセル2個入りで100円。第2弾も6月に発売する予定。

 ラインアップは、マッスルブラザーズ(キン肉マン&キン肉マングレート)、ニューマシンガンズ(テリーマン&ジェロニモ)、はぐれ悪魔超人コンビ(アシュラマン&サンシャイン)、モーストデンジャラスコンビ(ブロッケンJr.&リキシマン)、ヘルミッショネルズ(ネプチューンマン&ビッグ・ザ・武道)、2000万パワーズ(モンゴルマン&バッファローマン)、四次元殺法コンビ(ペンタゴン&ブラックホール)、超人師弟コンビ(ロビンマスク&ウォーズマン)、完璧超人コンビ(スクリューキッド&ケンダマン)、ビッグ・ボンバーズ(スペシャルマン&カナディアンマン)。

 日本記念日協会は、07年12月に、29日の金曜日を「キン肉マンの日」として制定。これを記念し、制定後初めての「キン肉マンの日」となる08年2月29日(金)には、東映アニメーション・東映ビデオ主催の「キン肉マン映画祭」が新宿バルト9で開催される。同イベントでは、「29(にく)周年記念 キンケシ復刻版 夢の超人タッグ編」の先行発売も行う。