グリーンハウスは1月9日、USBポートで充電池を充電できる充電器「エネチャージ」を1月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、1本タイプの「GH-BTU-341」が980円前後、2本タイプの「GH-BTU-342」1280円前後の見込み。カラーはそれぞれホワイトとブラックの2色。

 パソコンやゲーム機などのUSBポートから充電池を充電できる、ニッケル水素電池・ニカド電池専用の充電器。アジャスタで充電池を固定するため、単3形、単4形の2種類の充電が可能。残量インジケータ付きで、充電池の残量をLEDの光り方でチェックできる。

 充電時間の目安は、「GH-BTU-341」が単3形ニッケル水素電池(2000mAh)で約480分、単4形ニッケル水素電池(同)で約300分。「GH-BTU-342」は、単3形ニッケル水素電池(同)で約798分、単4形ニッケル水素電池(同)で約320分。