NEC、ノートPC春モデル、地デジの長時間録画に対応する機種など9モデル

ニュース

2008/01/08 20:42

 NECは1月8日、15.4型ワイド液晶を搭載するノートPC「LaVie」の春モデルとして、「LaVie L」シリーズ7モデルと「LaVie C」シリーズ2モデルの計9モデルを、1月10日から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 「LaVie L」シリーズは、Core 2 Duoを搭載したアドバンストタイプを3モデル、スタンダードタイプを4モデルをラインアップ。メモリは1モデルを除くすべてに2GBを搭載する。

 アドバンストタイプは、新デザインを採用した「LL750/LG」を新たに追加。パームレスト面に、手前から奥にかけてホワイトからシルバーにグラデーションを施したことで高級感をもたせた。また、キーボードの上部にはInternet ExplorerやOffice Personalなどの文字サイズを拡大・縮小できる「ズームボタン」、フロントにはメモリカードスロットを配置するなど、使いやすさを高めた。実勢価格は18万円前後の見込み。

 このほか、ウェブカメラを内蔵し、HDMI出力端子を備える「LL850/LG」「LL800/LG」も揃える。3モデルともにCPUにCore 2 Duo T7250(2GHz)を搭載する。


 スタンダードタイプでは、ワンセグ対応モデル「LL590/LG」に、SDカードを使ってPCと携帯電話で双方向にコンテンツをムーブできる機能を新しく搭載した。実勢価格は17万5000円前後の見込み。また、「LL550/LG」はパウダーホワイト、シュガーピンク、ガーネットレッド、ベリーブルー、グロスブラックの5色のカラーバリエーションを揃える。このほか、CPUにAMD Turion 64 X2 TL-58(1.90GHz)を搭載する「LL570/LG」と、メモリが1GBでCleron M 520(1.60GHz)を搭載する「LL370/LG」もラインアップする。


 一方、「LaVie C」シリーズは、地上デジタル・アナログテレビチューナーを搭載する上位モデル。地デジの番組をハイビジョン画質のまま、従来の約2倍長時間録画できる「デジタル長時間モード」を備えるのが特徴。更に、HDDに録画した地デジの番組をDVD-RAMに加えてDVD-Rにもムーブや録画ができるほか、コピー9回とムーブ1回が可能なダビング10に対応予定など、AV機能を強化した。

 ラインアップは、ブルーレイディスクドライブを搭載する「LC950/LG」と、DVDスーパーマルチドライブを搭載する「LC900/LG」。両モデルともCore 2 Duo、2GBのメモリを搭載するほか、ウェブカメラも内蔵する。実勢価格は「LC950/LG」が28万5000円前後、「LC900/LG」が23万5000円前後の見込み。


 なお、「LL370/LG」以外のモデルすべてにFeliCaポートを搭載。携帯電話向けサイトで購入した動画をPCで視聴できる権利認証技術「NFRM(Near Field Right Management)」のサービスに初めて対応した。NTTドコモ向けの動画配信サイト「カザスチャンネル」から動画を購入後、FeliCaポートに携帯電話をかざせば、コンテンツの権利情報が送信され、動画をインターネット経由でダウンロードして楽しめる。今後、同サイトはNTTドコモ以外のキャリアにも対応する予定。

オススメの記事