パナソニック、世界最薄9.5mmの内蔵型Blu-ray Discドライブ

ニュース

2007/12/28 09:57

 パナソニック コミュニケーションズは12月27日、世界最薄となる厚さ9.5mmのパソコン内蔵型Blu-ray Discドライブのサンプル出荷を開始した。

 薄型化と駆動感度を両立したレンズアクチュエータや薄型球面収差補正機構などの技術を利用し、世界最薄の9.5mmを実現。

 光の利用効率の向上や記録波形の高速化、受光素子の広帯域化で、BD-RとBD-REともに2倍速で記録/再生ができる。容量50GBのBD-R DL(2層)とBD-RE DLの記録/再生にも対応。さらに今後発売が予定されている有機色素系BDメディアにも対応する予定だという。この他、DVDやCDの記録/再生にも対応したスーパーマルチ仕様となっている。サイズは厚さ9.5×幅128×奥行き127mm。

 同製品は08年1月7日から米国ラスベガスで開催されるコンシューマエレクトロニクスショー「2008 International CES」に出品される予定。

オススメの記事