ケンウッド、フロントパネルにAUX端子を搭載するカー用CDレシーバー

ニュース

2007/12/25 19:17

 ケンウッド(塩畑一男社長)は12月25日、カーオーディオ製品として、フロントパネルにAUX端子を搭載する1DINサイズのCDレシーバー「E333」を08年1月中旬に発売すると発表した。価格は1万7850円。

 「E333」は、携帯オーディオとの接続を想定し、フロントパネルにAUX端子を搭載。別売りのステレオミニプラグケーブルを利用すれば様々な携帯オーディオを接続できる。また、同社のiPodインターフェイスユニット「KCA-iP501」を利用すれば、楽曲を再生するだけでなく、iPodの様々な操作を「E333」で行える。「KCA-iP501」の価格は1万500円。

 CD部は音楽CDのほか、MP3/AAC/WMAを記録したディスクを再生可能。独自の帯域補間技術「Supreme」により、ファイル圧縮の際に劣化した高音域部分を補間し、圧縮されたデータを原音に近く再現する。

 AUX端子部には、防塵に優れたスライド式グラスカバーとポートイルミネーションを採用。FM/AMラジオ放送も受信可能で、サイズは幅178×奥行き160×高さ50mm、重さは1.2kg。

オススメの記事