ジャストシステム(浮川和宣社長)は12月11日、ワープロソフト「一太郎2008」、日本語入力システム「ATOK 2008 for Windows [プレミアム]」、表計算ソフト「三四郎2008」、プレゼンテーションソフト「Agree 2008」、統合グラフィックソフト「花子2008 [書籍セット]」、メールソフト「Shuriken 2008」を08年2月8日に発売すると発表した。また、総合オフィスソフト「JUST Suite 2008」も同日に発売する。



 「一太郎2008」は、文書作成のための便利な機能を強化。添削機能では、吹き出しを使って、添削した内容が書き込めるようになった。また、添削前と添削後の文章を並べて表示できる2ページ表示にも対応する。Windows VistaのMSフォントの入力表示やWord形式(.docx)の読み込みもできる。OpenDocument形式との互換性もさらに向上した。

 前作より搭載したエディタ、アウトライン、ビューアの3つのフェーズ(場面)機能もユーザーインターフェイスをより考慮し、使いやすい仕様になった。文書上の調べたい単語検索する機能も、前作の「Google」に加え「Yahoo! Japan」や「goo」での検索に対応し、使い慣れた検索ツールで使用できる。

 「ATOK 2008 for Windows」は、1度変換したこま切れの単語を次回から一度で反映させる「こま切れ学習機能」や、過去の入力文字を変換する「確定アンドゥ」を複数回に対応させるなど、変換精度がさらに向上した。従来「話し言葉モード」でのみ変換可能であった表現も「一般モード」に取り入れた。エコ関連用語や日本版SOX法用語にも対応するなど、日常生活でよく使用するフレーズへの対応を強化する。

 また、ATOKとwebサイトが連携するモジュール「ATOKダイレクト」の正式版を搭載。ベータ版でも提供のあった「はてな」のほか、新たに「goo」、路線検索ソフト「乗換案内」、「Yahoo! Japan」と連携したモジュールが使用できる。これにより、ATOKで「はてな」の人気キーワードや「goo」での検索結果といったWeb上の情報を直接取得して、入力変換時にその情報をそのまま参照、活用できる。

 表計算ソフト「三四郎2008」は、ワークシート上にデータベースとして情報を蓄積する際に便利な「カード型編集」機能を搭載。横に続くレコードの情報を一覧で管理・編集できる。

 プレゼンテーションソフト「Agree 2008」は、「めくる」機能を新たに搭載。スライドの一部を付箋のような図形で隠し、クリックすると中身が表示される。スポットライトでスライドの一部を強調する機能など、プレゼンテーションで相手の注意を引く機能が強化された。

 統合グラフィックソフト「花子2008」は、図表やグラフィックと文字情報を分けて管理でき、「文字入力ウィンドウ」で入力された文字は直接レイアウトに反映される。また、画像データをさらに1167点追加し、総数約1万5000点を搭載する。

 メールソフト「Shuriken 2008」は、自動的に仕分けされたメールを右端に一覧表示する「フォルダウォッチ」機能や、長期間、未読になっているメールを自動的に別フォルダに移動する「受信箱の自動クリーンアップ」機能を新たに搭載した。

 総合オフィスソフト「JUST Suite 2008」は上記の6タイトルに加え、2ステップでファイルをPDFに変換して、メールに添付するまでが行えるPDF変換ソフト「JUST PDF [作成・編集]」を同梱する。

 このほか、7つのソフトが「つながる」というコンセプトのもと開発した機能「SuiteNavi」も搭載。アプリケーションを起動させなくてもフォルダの中身がビューアーで確認できるほか、選択したフォルダを違うソフトを選んで編集することも可能。選択した「一太郎」のフォルダを、「Agree」で変換してプレゼンテーションの資料としても使用できる。全ソフトの対応OSは、Windows Vista/XP/2000。

 価格は、単品で「一太郎2008」が2万1000円、「ATOK 2008 for Windows [プレミアム]」が8400円、「三四郎2008」が5250円、「Agree 2008」が8190円、「花子2008 [書籍セット]」が1万290円、「Shuriken 2008」が5040円。

 「JUST Suite 2008」は、通常版は2万6250円、特別優待版が1万8900円、特別バージョンアップ版とアカデミック版、ATOKユーザー向け特別優待版が1万5750円。

 会見で浮川和宣社長は「9年連続で同じ時期に新製品を提供できている。期待しているお客様の『わくわく感』に、応える仕様になっている」と述べ、自信を見せた。