サイバープラス、「ケータイ小説大賞」を発表、大賞作品は書籍化

ニュース

2007/12/06 10:05

 サイバープラス(駒林健一社長)は12月5日、同社が運営する無料ホームページ作成サービス「ポケットスペース(ポケスペ)」で7月に募集を開始した「ポケスペ小説大賞」の大賞と、花恋賞など各賞を受賞した計7作品を発表した。

 応募総数約800作品のなかから大賞に選ばれたのは、九州在住の20代の女性、夏澄さんが執筆した高校生の恋愛小説「ドロップ」。賞金100万円に加え、書籍化も行い、ソフトバンククリエイティブから08年1月18日に書籍の発売が決定した。花恋賞を受賞した咲良チサさんの「7のつく日はご用心」も、日本文芸社から08年3月中に書籍が発売される予定。


 このほかの受賞作品は、佐藤マコト賞がtotoさんの「シューズ 完全版」、樋口卓治賞が春崎代さんの「リストカットシンデレラ」、絵本賞がスギモトダイキさんの「かさのおはなし」、ポケスペ編集部賞が祭さんの「Orange」、BLラバーズ編集部賞が如月さんの「-SAVE FAITH-」。これらの受賞作品についても、順次、書籍化やデジタル配信などを検討する。


 「ポケスペ」は、PC・携帯どちらでも利用できる無料ホームページ作成サイト。現在の会員数は93万人。なお、受賞作品は携帯電話からのほか、PC上でも読める。

オススメの記事