マイクロソフト、「Office 2008 for Mac」シリーズ3製品を08年1月に発売

ニュース

2007/12/05 22:05

 マイクロソフトは12月5日、約3年半ぶりのMac向け統合オフィスソフトの新バージョン「Office 2008 for Mac」「Office 2008 for Mac Special Media Edition」「Office 2008 for Mac ファミリー & アカデミック」の3製品を1月16日に発売する発表した。価格はすべてオープン。


 「Office 2008 for Mac」はシリーズ初のUniversalアプリケーションで、Power PC、インテルCPUどちらを搭載したMacでもネイティブに動作する。また、Windows版の「2007 Office system」と同じグラフィックエンジン「Office Art」を搭載し、新ファイル形式「Office Open XMLファイル」や、Windows Vistaから採用した日本語フォント「メイリオ」をサポートするなど、Windows版との高い互換性を持たせた。


  「Office 2008 for Mac」は、「Word 2008」「Excel 2008」「PowerPoint 2008」「Entourage 2008」「Messenger for Mac」の5つのアプリケーションを搭載。Office 2008独自の新しいユーザーインターフェイスとして、アプリケーション内に「エレメンツ ギャラリー」というタブ機能を導入し、スライドテーマやレイアウトの選択などを大きめのサムネイルで表示するなど、使い勝手を高めた。実勢価格は、通常版で4万9800円前後、アップグレード版で2万8000円前後の見込み。

  「Word 2008」には、スライド資料のような自由なレイアウトで文章作成ができるレイアウトデザイン機能を搭載。用紙以外の外側のスペースも作業スペースとして使用でき、写真やグラフの加工、ページプレビューなどができる。「Excel 2008」はグラフデザインを強化、カラーやグラデーションなどが変更でき、見栄えのいい編集ができるようになった。また、個人ユーザーやSOHOユーザー向けに、財務管理表が作成できる資産/財務管理シートを新たに用意した。


  「PowerPoint 2008」は、Macの純正アプリケーションを意識したデザインインターフェイスを採用。新たにツールパット機能や「Smart Art」機能を搭載し、DTPソフトのようなデザインの細かな調整が可能になった。約60個のスライドテーマを用意したほか、クリップアートも新たに約100種類追加。完成したスライドショーをアップル純正の写真管理ソフト「iPhoto」に書き出し、iPodに転送してプレゼンテーションを行うこともできる。


  「Entourage 2008」は、電子メール機能やToDo機能などのスケジュールやタスク管理をする「Office 2008 for Mac」の中心的アプリケーション。1日のスケジュールやタスクをガジェットに自動で表示し、時間になると知らせる新機能「My Day」も搭載した。なお、アプリケーションを起動しなくても、「My Day」は利用できる。


  上位バージョン「Office 2008 for Mac Special Media Edition」は、これらの5つのアプリケーションに加え、写真や映像などのデジタルコンテンツを視覚的にカタログ化して管理できるアプリケーション「Expression Media」を搭載。約100種類のメディア形式に対応し、バージョン管理やメタデータの管理を効率的に行える。実勢価格は、通常版で5万2800円前後、アップグレード版で3万2800円前後の見込み。


  一方、「Office 2008 for Mac ファミリー & アカデミック」は、「Office 2008 for Mac」から、「Entourage 2008」の「Exchange Server サポート」と「Automator ツール」を省いた家庭向けエディション。実勢価格は、3ライセンス利用できる通常版で2万2800円前後の見込み。

  なお、「Office 2008 for Mac」に含まれる「Word 2008」と「Excel 2008」を単体でも08年2月8日に発売する。対応機種は、インテル製CPUまたはPower PC G5、500MHz以上のPower PC G4を搭載したアップルのMacintoshシリーズ。対応OSはMac OS X 10.4.9以降。

  製品発表会で、五十嵐章執行役ホーム&エンターテインメント事業本部リテールビジネス事業部長は、新バージョンについて「Macにおいて究極の生産性と互換性を実現した点、Macテイストを考慮したユーザーインターフェイスやiPodへの転送を可能にした点、家庭用エディションを初めて用意したことの3つがポイント」とアピールした。

オススメの記事