バンダイ、ウルトラセブンの40周年記念、「ポインター」イメージの自転車

ニュース

2007/12/04 21:15

 バンダイネットワークス(大下聡社長)は12月4日、ウルトラセブン誕生40周年を記念し、戦闘車両「ポインター」のデザインを採用したコンフォートバイク「TDF-PO-I ポインター」を発売すると発表した。150台の限定モデルで、08年2月下旬から出荷を開始する。価格は5万9800円。

 「TDF-PO-I ポインター」は、TVドラマ「ウルトラセブン」に登場したウルトラ警備隊の戦闘車両「ポインター」のデザインを採用したコンフォートバイク。ウルトラ警備隊とクライスラーのダブルネームも入れた。



 商品化にあたっては、TVドラマで実際に「ポインター」に乗車した、ウルトラ警備隊のモロボシ・ダン隊員こと森次晃嗣氏をスペシャルアドバイザーに起用し、開発を行ったという。



 また、シマノ製のシフターやディレーラーを搭載。フレーム材質にはアルミを採用した。全長サイズは約1710mm、フレームサイズは400mm、タイヤサイズは26インチ。重さは14.2kg。角度調整付A-HEADハンドルステムのほか、スチール製の「ポインター」専用フロント&リアフルフェンダーやサイドスタンドも装備する。

 「ポインター」は、ウルトラ警備隊で活躍した特殊戦闘車両で、全長5.3メートル、全幅1.9メートル、総重量1.8トン。最高時速は365キロで、ホバー飛行時は時速80キロで走行するという。装備は対空レーザー砲、三連ミサイルランチャーなど。

オススメの記事