京セラミタ、自動両面印刷できるA4対応モノクロレーザープリンタ

ニュース

2007/11/27 10:17

 京セラミタ(駒口克己社長)と京セラミタジャパン(井上俊二社長)は11月26日、自動両面印刷が行えるA4対応のモノクロレーザープリンタ「FS-1300D」を、08年2月に発売すると発表した。税別価格は5万9800円。

 「FS-1300D」は自動両面印刷機能を搭載するA4対応のモノクロレーザープリンタ。ファーストプリントタイムが6秒と、従来機種「FS-920」と比べて半分になった。出力速度もA4用紙で毎分18枚から28枚にスピードアップした。

 独自の画像技術「Fine1200」を採用し、1200×1200dpiの高解像度で出力が可能。表示パネルはアイコンを用いたインジケータ方式で、「Ready」「Toner」など6項目に分類し、LEDの点灯・点滅で動作状態を確認できる。

 A4は1ページ当たり1.94円の低コストでプリントでき、オプションでカセットの増設やセキュリティ機能の拡張にも対応する。サイズは幅375×奥行き393×高さ250mm。

京セラミタ=http://www.kyoceramita.co.jp/
「FS-1300D」=http://www.kyoceramita.co.jp/products/ecosys/eco02/fs_1300d/


■関連記事
本日の機種別ランキング【レーザープリンタ】
キヤノン、高速タンデムエンジン搭載のカラーレーザー「Satera」3機種
富士ゼロックス、節電時5W以下の小型A4対応カラーレーザープリンタ

オススメの記事