KDDI、薄さ15.4mmのスリムなワンセグ端末「W53K」を11月17日に

ニュース

2007/11/19 10:26

 KDDIは11月16日、携帯電話ブランド「au」で、ワンセグを搭載し、薄さ15.4mmのスリムな京セラ製端末「W53K」を、11月17日に発売すると発表した。

 「W53K」は、薄さ15.4mm、幅49mmのスリムなボディに2.7インチワイド液晶を搭載するワンセグ放送対応の携帯電話で、液晶を回転して閉じるだけでワンセグを起動できる。待ち受け時にテンキーの1・2・3のいずれかを長押しすると、登録した相手に発信できる「ワンタッチダイヤル」を装備。背面のサブディスプレイの近くにはインフォメーションキーを配置し、側面のボタンを探さなくても時刻や新着の確認ができる。

 有機ELのサブディスプレイにはハーフミラー処理を施したインフォメーションエリアを搭載している。8文字のイルミネーションが浮かび上がり、着信時やメール受信時にメッセージを表示する。

 
 テンキーには薄型でも操作性を損なわない凹凸のある「フレームレスキー」を採用。大きく見やすい「でか文字」表示や、辞書機能を強化した文字入力システム「Advanced Wnn V2 EX Pro」を装備した。

 ほかにも各種機能へのショートカットやメモ帳を待ち受け画面に貼り付けられる「ペタメモ」、消費電力を抑える「長持ちモード」、「遠隔マナー解除」などの機能を搭載する。約250分の連続通話が可能で、サイズは幅49×奥行き15.4×高さ106mmで、重さは130g。

KDDIhttp://www.kddi.com/
auhttp://www.au.kddi.com/
「W53K」=http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w53k/


■関連記事
本日の機種別ランキング【携帯電話】
KDDI、「W53T」に「ネイビーラピスラズリ」などカラバリ2色を追加
KDDIなど、本物の年賀状を携帯電話で作って送るサービス、11月29日から

オススメの記事