デジタルアーツ、「i-フィルター」インストールサービスをビックカメラでも

サービス

2007/11/12 15:09

 デジタルアーツ(道具登志夫社長)は、ビックカメラ(宮嶋宏幸社長)の店舗内の「PCデジタルサポートカウンター」で、家庭向けフィルタリングソフト「i-フィルター」のインストールサービスを11月15日から開始する。料金は、製品代・インストール代金を含めて6980円。

 サービス実施店舗は、「PCデジタルサポートカウンター」を設置する、パソコン館池袋本店、新宿西口店、有楽町店本館、パソコン館横浜駅前店、ラゾーナ川崎店、藤沢店、柏店、天神1号館、名古屋駅西店、JR京都駅店(カウンターはなし)と札幌店。

 「i-フィルター」は、専任のスタッフが目視による登録・削除を行うことで、データベースを常に最新の状態に更新し、高いフィルタリング精度を持つのが特徴。開設されたばかりの新しい有害サイトもリアルタイムでブロック可能で、あらかじめ登録した個人名、電話番号、住所、クレジットカード番号などの個人情報の漏えい防止や、インターネット利用の時間制限の設定、閲覧記録の確認機能も備える。

デジタルアーツhttp://www.daj.co.jp/
ビックカメラhttp://www.biccamera.com/


■関連記事
デジタルアーツ、ヨドバシカメラで「i-フィルター」のインストールサービス

オススメの記事