I・Oデータ、地デジチューナー内蔵の19型ワイド液晶ディスプレイ

ニュース

2007/11/09 20:49

 アイ・オー・データ機器(細野昭雄社長)は11月9日、地上デジタルチューナーを内蔵し、液晶テレビとしても利用できる「ハイブリッド」型の19型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-DTV191XBR」を11月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万4800円前後の見込み。

 パソコン用の高解像度16:10パネルを採用したディスプレイでは初めて、地上デジタルチューナーを内蔵。新たに開発した地上デジタル放送受信モジュールを採用し、操作性と応答性を高めた。電源投入から視聴までの起動時間は約5秒、チャンネルの切り替えも約2秒で行えるという。

 テレビ機能では、地上デジタル放送の字幕放送とEPG(電子番組表)に対応。EPGは全チャンネル約4時間分を1画面に表示でき、見たい番組を事前に複数予約できる「番組視聴予約」機能も搭載した。予約時間が迫るとアラームで通知する。データ放送、双方向サービスには非対応。

 ディスプレイは1440×900ピクセル(WXGA+)、コントラスト比は1000:1の液晶パネルを採用し、表面には光沢処理を施した。輝度は300cd/m2、応答速度は5ms、視野角は上下左右とも160度。入力インターフェイスは、D-Sub15ピン、D4、Sビデオ、コンポジットの4系統を備える。HDMI端子は装備していない。

アイ・オー・データ機器http://www.iodata.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【液晶ディスプレイ】
I・Oデータ、AVCHDに対応した内蔵・外付け型BDドライブ
I・Oデータ、無線ルータとPLCアダプター親機・子機のセットパッケージなど
I・Oデータ、USB転送の実効速度を上げた外付けHDD

オススメの記事