八木アンテナ、形を変えると指向性が変わる地デジ対応ポータブルアンテナ

ニュース

2007/11/07 20:53

 八木アンテナは11月6日、地上デジタル放送受信対応のポータブルUHFアンテナ「FLEMO」を11月21日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5480円前後の見込み。

 コンパクトな地デジ対応のポータブルアンテナで、同社の地デジアンテナ「UwPA(ウーパ)」の板状放射素子と、「DUCA(デューカ)」の無指向性生成技術を応用した「フレックスビーム方式」を採用し、本体の形状を変えることで受信状態が最良になる指向性を選択できるのが特徴。

 アンテナを開いた「フラット形状」では、本体前後の方向に最大感度となる8の字指向性になり、窓際など電波の方向を特定できる場合に適している。一方、アンテナを折り曲げた「スクエア形状」は全方向に感度がある無指向性で、電波が反射する室内などで効果を発揮する。

 設置は卓上など平面に置くだけではなく、付属のクリップを使って壁面やPCのディスプレイなどにも取り付け可能。収納時には、本体を2つに折りたたんで持ち運べる。カラーはホワイトとブラックの2色。フラット形状時のサイズは幅250×奥行き24×高さ76mm、重さは120g。

八木アンテナ=http://www.yagi-antenna.co.jp/


■関連記事
八木アンテナ、縦長デザインの地デジ対応室内用UHFアンテナに新色ホワイト

オススメの記事