ロゴヴィスタ、ビジネス向け英日・日英翻訳ソフト、上位版は961万語を収録

ニュース

2007/11/06 10:32

 ロゴヴィスタ(尾本康雄社長)は、ビジネス向け英日・日英翻訳ソフト「LogoVista PRO 2008」シリーズで、「LogoVista PRO 2008 翻訳スタンダードパック」とその上位版「LogoVista Pro 2008 翻訳スーパーパック」を、11月30日に発売すると発表した。

 「LogoVista PRO 2008」シリーズは、ハーバード大学の久野名誉教授の理論にもとづいた「LogoVista翻訳エンジン」の最新版を採用、前後の単語から文脈を判断して翻訳する「高精度文脈把握翻訳システム」を搭載する。アップデートして最新用語の追加も可能。

 ビジネスでの利用頻度が高い「対訳翻訳」機能は、翻訳原文と訳文を左右対訳で表示する。「別訳語」「別解釈」「確認翻訳」など訳文の編集のほか、スペルや文法のチェック、単語の辞書引き、インターネット検索を1つのツールで実行できる。日本語入力した単語を辞書引きし、Google Scholarなどの文献データベースから検索する「技術文献検索」、OfficeやInternet Explorer、Adobe Readerなどのアプリケーション上で直接翻訳できる「アドイン翻訳」などの機能も備える。

 辞書語数は「スタンダードパック」が英日334語、日英291万語の合計625万語、「スーパーパック」は英日534万語、日英427万語の合計961万語。さらに「研究社 新編英和活用大辞典」の文例を利用できる「翻訳メモリ」、同辞典の文例と用例を英文作成に活用できる「用例アーカイブ」を搭載。「翻訳メモリ」と「用例アーカイブ」はそれぞれ、「スタンダードパック」には5万例と10万例、「スーパーパック」には16万例と36万例を収録する。「文アライメントエディタ」を用いれば、過去の翻訳データを「翻訳メモリ」に登録し、活用することも可能。

 このほか、「研究社 新英和(第7版)・和英(第5版)中辞典-音声付き」を新たに採用し、紙文書を取り込んでテキストとして認識・翻訳する「高精度OCRソフト」も搭載した。対応OSはWindows Vista/XP/2000。価格は「翻訳スタンダードパック」が8万4000円、「翻訳スーパーパック」が12万6000円。

ロゴヴィスタ=http://www.logovista.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【教育・学習ソフト】
クロスランゲージ、英文契約書に特化した英日・日英翻訳ソフト
ロゴヴィスタ、繁体字/簡体字に対応するWin用日中・中日翻訳ソフト

オススメの記事