ビクター、発煙・発火の危険でプラズマテレビなど7機種を無料点検

ニュース

2007/11/05 17:08

 日本ビクターは11月5日、42V型プラズマテレビと業務用42V型プラズマディスプレイ計7機種について、プラズマパネルに使用する電子部品の一部に不具合があり、機器内部の電子部品が発煙、発火する可能性があることが判明したため、これらを無料で点検・修理すると発表した。

  対象製品は、42V型プラズマテレビ5機種と業務用42V型プラズマディスプレイ2機種の計7機種、1万8430台。型名はプラズマテレビが03年5月-04年3月製造の「PD-42DV4」、03年6月-04年4月製造の「PD-42XV7」、03年9月-04年8月製造の「PD-42DH4」、04年5月-04年11月製造の「PD-42DV50」、04年5月-05年1月製造の「PD-42XV70」、業務用プラズマディスプレイは、03年6月-06年1月製造の「GM-V42」と04年2月-06年1月製造の「GM-V42R」。なお、対象製品の「PD-42DV50」のバージョン違いモデル「PD-42DV50/D」と「GM-V42P1」「GM-V42P1R」は対象外。

 ビクターによると、万が一発火した場合でも、製品外部へ被害が拡大することはないという。フリーダイヤルで問い合わせと無料の点検・修理の依頼を受け付ける。対応窓口の電話番号は0120-210-839、受付時間は月曜日から金曜日までが9時-18時、土・日・祝日は9時-12時と13時-17時。修理の作業時間はおよそ1時間。

日本ビクター=http://www.jvc-victor.co.jp/


■関連記事
ビクター、32V型と37V型で120コマ倍速表示のハイビジョン液晶テレビ
ビクター、世界初のフルHD対応HDDビデオカメラ「Everio GZ-HD7」

オススメの記事