ユニットコム(大野三規社長)は10月30日、「パソコン工房」ブランドで、NVIDIAのグラフィックカード「GeForce 8800GT 512MB」を搭載するデスクトップPC2機種を発売した。ともにBTOに対応し、価格は最小構成で14万9980円から。

 CPUにFSB1333MHz/3GHzで動作する「Core 2 Duo E6850」を搭載した「Amphis MT737C2D TYPE-GT」と、FSB1066MHz/2.40GHzで動作するクアッドコアの「Core 2 Duo Q6600」を搭載した「Amphis MT738C2Q TYPE-GT」をラインアップ。いずれもメンテナンスしやすく高剛性なIN-WIN社製ミドルタワーケースを採用し、HDDやカード類の増設も簡単に行える。

 このほか、ともに標準で容量500GBのHDD、2GBのメモリ、DVD±R対応の18倍速DVDスーパーマルチドライブなどを搭載する。OSはWindows Vista Home Premium。ディスプレイ、マウス、キーボードは別売り。

ユニットコム=http://www.unitcom.co.jp/
「パソコン工房」=http://www.pc-koubou.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【デスクトップPC】
ユニットコム、ハイブリッドHDDを搭載した17型ワイド液晶搭載ノートPCなど
ユニットコム、Windows XP Home Edition搭載ハイエンドノートPCなど2機種
ユニットコム、アキバのPCショップ3店舗をリニューアル、10月20日から
ユニットコム、Core 2 Quad Q6600搭載のハイエンドノートPCなど2機種