ナナオ、高解像度WSXGA+で縦回転もできる22型ワイドディスプレイ

ニュース

2007/10/30 10:12

 ナナオ(実盛祥隆社長)は、解像度が水平1680×垂直1050ドットのWSXGA+に対応した、22.0型ワイド液晶ディスプレイEIZO FlexScan S2231W-E」を11月22日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は7万9800円前後の見込み。

 広色域パネルを採用し、Adobe RGBカバー率とNTSC比ともに92%の色域をサポートする。また、画面位置の調整や縦回転に対応する「EZ-UPスタンド」を装備し、縦回転使用でのウェブ閲覧やポートレイト表示も行える。

 視野角は178度、輝度は250cd/m2、コントラスト比は1500:1。接続端子はデジタル入力で著作権保護技術HDCPに対応したDVI-I端子と、アナログ入力のD-Sub端子の2系統。カラーはブラックとセレーングレイの2色。

 同時に、独自開発の「コントラスト拡張機能」を搭載した19型カラー液晶ディスプレイEIZO FlexScan S1932-SE」を発表した。価格はオープンで、実勢価格は6万4800円前後の見込み。動画表示時で1000:1のコントラスト比を2500:1にまで拡張でき、メリハリのある映像を表示する。カラーはブラックとセレーングレイの2色。

ナナオ=http://www.eizo.co.jp/
「EIZO FlexScan S2231W-E」=http://www.eizo.co.jp/products/lcd/s2231w-e/index.html
「EIZO FlexScan S1932-SE」=http://www.eizo.co.jp/products/lcd/s1932-se/index.html


■関連記事
本日の機種別ランキング【液晶ディスプレイ】
液晶ディスプレイは用途で選ぶ
ナナオ、29.8型ワイド液晶ディスプレイ、広色域パネルを初採用

オススメの記事