大日本スクリーン製造の社内カンパニーのソフトウエア・テンナインカンパニー(笠松敏雄社長)は10月29日、パソコンに保存した複数ファイルにおいて、ページの自動めくりが可能な検索・閲覧ソフト「LeafThrough(リーフ・スルー)」を11月1日に発売すると発表した。

 従来のようにファイルを1つずつ開いて中身を確認せずに、選択した複数のファイルを同時に、本のページをめくる感覚で閲覧できるソフト。ファイル作成に使用したアプリケーションソフトを起動させることなくファイルの内容を表示できるほか、データ形式の異なるファイルが混在していても、目的の情報を迅速に見つけ出すことができる。画像だけを一覧表示し、素材カタログやデータベースとして活用するなど、さまざまな用途に利用することが可能。

 07年12月には同製品のサーバータイプを発売する予定。初年度で1000万円、09年度には5億円の売り上げを見込む。

大日本スクリーン製造=http://www.screen.co.jp/