キヤノンシステムソリューションズ(武井尭社長)は10月29日、ウイルス・スパイウェア対策ソフト「NOD32アンチウイルス」のマルウェア検出機能を大幅に強化した上位版「ESET Smart Security(イーセット スマート セキュリティ)」を11月8日に発売すると発表した。

 「アドバンスドヒューリスティック機能」を搭載し、新種のマルウェアを防御するほか、シグネチャ(ウイルス定義データベース)と遺伝子技術(プログラムコードのパターン解析)を用い、既知のマルウェアの新種の亜種も防御する。

 また、プロアクティブな検出機能を強化し、ウイルスに対応したシグネチャが提供されるまでのリスクを最小限に抑え、新種のマルウェアへの対策を万全にした。さらにメモリ・CPU占有率が低いため、高速な起動と軽快な動作が可能という。

 パッケージ版の税別価格は、「ESET Smart Security」が6800円、「同 追加購入」が4800円、「同 優待アップグレード」が4800円、「同 5PC」が2万5800円、「同 5PC優待アップグレード」が1万8500円。ダウンロード版は、「ESET Smart Security」が4000円、「同 追加購入」が3200円、「同 優待アップグレード」が3200円。

 対応OSは、Windows Vista/XP/2000。迷惑メール対策機能に対応するメールソフトは、Outlook 2000/2002/2003/2007、Outlook Express、Windowsメール。

キヤノンシステムソリューションズ=http://www.canon-sol.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【セキュリティソフト】
セキュリティソフト例年にない接戦、トップ3社のユーザー獲得戦略は?
キヤノンSOL、今秋発売予定の総合セキュリティソフトのベータ版を公開