東芝(西田厚聰社長)は10月25日、12V型のIPS液晶とDVDプレーヤーを搭載した、地上デジタル放送対応のポータブルテレビ「ポータロウ SD-P120DT」を12月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は7万円前後の見込み。

 地上デジタルチューナーとスロットインタイプのDVDプレーヤーを内蔵し、テレビのほか、市販のDVDや音楽ソフトなども楽しめる。メモリカードスロットを装備し、各種メモリーカードに記録されたDivXの動画ファイル、MP3、WMAの音楽ファイル、JPEGの静止画ファイルなども再生可能。HDMI入力端子につないだビデオカメラなどの映像も見られる。

 ディスプレイには視野角が上下左右170度と広く、斜めからもきれいに見られるIPS液晶を採用。画素数は横800×480ピクセル。ボディには光沢感のある黒を使用した。電源は専用リチウムイオンバッテリまたはACアダプタで、バッテリー駆動時は3.5時間の連続再生が可能。

 再生可能メディアは、DVDビデオ、DVD-R/-RW(DVD-Video/DVD-VR)、CD-R/-RW、SDメモリカード、メモリースティック、xDピクチャーカードなど。デジタル放送を録画したCPRM対応のDVD-R/-RWディスクも再生できる。サイズは幅342×奥行き62mm×高さ324、重さは3.5kg。リモコン、耳掛け式ヘッドホンが付属する。

東芝=http://www.toshiba.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【液晶テレビ】
本日の機種別ランキング【DVDプレーヤー】
東芝、7V型液晶搭載のポータブルDVDプレーヤー2機種、ワンセグ対応モデルも