ソニー、写真を持ち運んで簡単にウェブにアップできるコンパクトデジカメ

ニュース

2007/10/24 20:44

 ソニーは10月24日、4GBの内蔵メモリに写真を保存し、手軽にウェブにアップロードできるコンパクトデジタルカメラ「DSC-T2」を11月22日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は4万3000円前後の見込み。

 約4GBの内蔵メモリを搭載し、本体に写真を保存できるのが特徴。同カメラで撮影した写真のほか、付属の画像管理ソフト「Picture Motion Browser」を使用し、PCからも写真を取り込める。内蔵メモリにはVGAサイズ(640×480)で最大約4万枚の写真を保存可能。画像表示機能は「カレンダー表示」「アルバムリスト表示」「お気に入りリスト表示」「シェアマークリスト表示」の4種類を用意し、「スクラップブック」機能を使って他人と一緒に見て楽しむこともできる。

 さらに、同梱するマルチ端子用USBアダプタとUSBケーブルでPCとつなげば、本体に内蔵するアプリケーションソフト「Picture Motion Browserポータブル」が起動し、写真をブログやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、写真共有サイトなどにアップロードすることができる。URLや画像サイズの指定などを登録しておけば、写真をアップロードする際に自動的に指定のサイズにリサイズしてアップロードでき、撮影からアップロードまでスムーズに行える。

 カメラ機能では、有効810万画素CCDと光学3倍ズームレンズを搭載。モニターにはタッチパネルに対応した2.7型の「クリアフォト液晶」を採用した。また、従来モデルから備える顔検出機能「顔キメ」を強化し、笑顔に反応して自動的にシャッターが切れる「スマイルシャッター」を搭載。カメラが自動的に被写体の笑顔を検出し、1度に最大6枚まで笑顔をキャッチして撮影する。「微笑み・普通の笑顔・大笑い」などの笑顔の程度に合わせて感知するよう、笑顔のレベル「強・中・弱」も設定できる。

 記録媒体は、メモリースティック デュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックPRO-HGデュオ。サイズは幅86.8×高さ56.8×奥行き20.2mm、重さは約129g。カラーはブラック、ホワイト、グリーンの3色。このほか、「ソニースタイル」限定で、本体カラーがブルーとピンクのモデルを販売する。

ソニー=http://www.sony.co.jp/
「DSC-T2」=http://www.aii.co.jp/contents/smojsdmk/DSC/T2/
「ソニースタイル」=http://www.jp.sonystyle.com/


■関連記事
本日の機種別ランキング【コンパクトデジタルカメラ】
ソニー、笑顔でシャッターが切れるコンパクトデジカメ2機種
ソニー、笑顔検出「サイバーショット」発表会、CMキャラクター4人が登場
ソニー、デジカメ「DSC-G1」の機能を強化するソフトウェアアップグレード

オススメの記事