デジタルアーツ(道具登志夫社長)は10月23日、ヨドバシカメラ全店で、家庭向けフィルタリングソフト「i-フィルター」のインストールサービスを10月24日から開始すると発表した。料金はソフトの本体価格とインストール代を含めて6980円。

 ヨドバシカメラ19店舗に設置されているサービスカウンター「PC DOCK」で、有害サイトから子どもを守る同社の家庭向けフィルタリングソフト「i-フィルター」をPCにインストールするサービスを提供するもの。「PC DOCK」はPCがうまく動作しない、周辺機器を増設したいといったハード関連の相談に対し、独自のさまざまなサポートサービスを行っている。フィルタリングソフトのインストールサービスを提供するのは今回が初めて。

 「i-フィルター」は、高いフィルタリング精度を持ち、専任のスタッフが目視により登録・削除を行うことで、データベースを常に最新の状態に更新し、開設されたばかりの新しい有害サイトもリアルタイムでブロックする。また、わかりやすい設定画面で、アダルト、暴力、出会い系など33種類のカテゴリに分類された項目についてブロックするかどうかを判断・選択できるほか、子どもの年代に合わせたフィルタリング強度の設定も可能。個人名、電話番号、住所、クレジットカードなどの個人情報の漏えい防止や、インターネット利用の時間制限といった機能も備える。「ログ表示機能」を備え、子どものインターネット利用履歴を保護者が確認することもできる。

デジタルアーツ=http://www.daj.jp/
ヨドバシカメラ=http://www.yodobashi.com/