デル(ジム・メリット社長)は10月18日、ワイド液晶ディスプレイのハイエンドモデルで、22型ワイドの「2208WFP」と19型ワイドの「1908WFP」を発売した。価格は「2208WFP」が5万8800円、「1908WFP」が4万8800円。

 高品質な映像再現を求めるSOHOなどの業務用モデル。ワイド画面によって複数のアプリケーションを同時に表示でき、作業効率を大幅に向上できる。2機種共通の特徴として、色再現性92%の「Dell True Color」を採用した高性能パネルと1000:1のコントラスト比で、明るく鮮やかな色彩を表示。5msecの応答速度で、動きの早い動画でもブレを軽減し、くっきりと映し出す。

 解像度は「2208WFP」が1680×1050、「1908WFP」が1440×900。いずれも視野角は垂直・水平ともに160度、輝度は300cd/m2。インターフェイスは、HDCP対応DVIを1基とUSB2.0ポートを4基装備。スタンドは上下の高さを最大130mmまで変更できるほか、ピボット機能、左右45度のスイーベル機能、前方4度・後方21度のチルト機能を備え、画面を見やすい位置に調節できる。

デル=http://www1.jp.dell.com/content/


■関連記事
本日の機種別ランキング【液晶ディスプレイ】
デル、ビックカメラに続き、ソフマップでも店頭持ち帰り販売を開始
デル、モンスター級のゲーマー向けノートPC「XPS M1730」
デル、手のひらサイズのPC用外付け地デジチューナーをPCとバンドル販売