東芝、環境対策のエココンセプト立ち上げ、CMキャラクターに阿部寛さんなど

ニュース

2007/10/17 20:17

 東芝(西田厚聰社長)は10月17日、環境に配慮したマーケティング活動を積極推進するため、新コンセプト「ecoスタイル」を立ち上げたと発表した。

 節電や節水機能の高い環境配慮型家電の開発を重視し、家庭からの二酸化炭素排出を削減して地球に優しいライフスタイルを提案するコンセプト。現商品の省エネ性や、二酸化炭素削減効率の高さをさらにアピールしたい考え。今後は、テレビ・雑誌などでの広告や販促活動を新コンセプトを元に展開する。

 西田社長は、「当社の家電事業は、エアコンを除けば市場全体の成長率以上に伸びており、欠かすことのできない事業。国内だけでなくアジア市場なども睨みながら、今後も継続・発展させる。そのなかでも、世界的課題の二酸化炭素削減に取り組む姿勢を示すために、『ecoスタイル』を掲げた」と、家電ビジネスと新コンセプトにかける思いを語った。



 発表会では、放映予定の「ecoスタイル」をPRする新テレビコマーシャル5種類を披露。俳優の阿部寛さんと天海祐希さんをイメージキャラクターに起用した東芝の環境対策をアピールするCMを公開した。

 発表とともに開催したトークセッションで、阿部さんは「CMは短い時間での勝負。言葉も少ないなかで、製品の良さをどう出していけるかを考えた。洗濯が好きなので、撮影中に洗濯乾燥機についていろいろ質問してしまった。最近の洗濯乾燥機は、乾燥しても服が縮まなくてびっくり。これでエコも考えているなんてすごい」と撮影中のエピソードを交えながら、製品の印象を語った。

 天海さんは、「阿部さんと二人で、撮影中にいろいろと製品を触ったけど、優しい感じがした。どんな人の生活にもすんなり溶け込むような印象を受けたので、CMを通してみなさんに伝えていけたら」と述べた。



東芝=http://www.toshiba.co.jp/


■関連記事
東芝、他社のAV機器とも連動可能な「レグザリンク」対応液晶テレビ計15機種
東芝、ノートPC秋冬モデル、地デジチューナー2基搭載の「Qosmio」など
東芝、HDD-DVDレコーダーのエントリーモデル、「ダビング10」にも対応予定

オススメの記事