日本産業デザイン振興会(JIDPO、山口信夫会長)は10月1日、2007年度の「グッドデザイン大賞」候補6件を含む「グッドデザイン賞」受賞作品を発表した。大賞候補のなかには、三洋電機のソーラー充電池「eneloop」関連商品や任天堂のゲーム機「Wii」のデジタル製品が2つがノミネートされた。

 「グッドデザイン賞」は、国内外のさまざまな企業が応募した商品デザインを「社会を豊かにするデザイン」を観点に審査・表彰する制度で、今年で51回目。今年度は2945件の応募があった。建築家の内藤廣氏を審査委員長とし、インダストリアルデザイナーの奥山清行氏など合計71人が審査委員となり受賞作品を選出した。

 グッドデザイン賞は1043件、594社が受賞。このなかから、独創性や将来へ向けた提案性などを評価した「グッドデザイン賞『ベスト15』」も発表。また、この「ベスト15」のうち、大賞となる「グッドデザイン大賞」候補6件を公表した。

 大賞候補は、三洋電機の「eneloop」を使用したソーラー充電器セットや充電式カイロなどの「eneloop universe products」、本田技研工業の小型ビジネスジェット「HondaJet」、東海旅客鉄道(JR東海)などが開発した新幹線車両「N700系」。



 その他には、東京工業大学の建築物「東京工業大学緑が丘1号館レトロフィット」、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」およびコントローラの「Wiiリモコン」「ヌンチャク」「クラシックコントローラ」、イトーキのオフィスチェア「スピーナ」――の計6作品。



 グッドデザイン大賞は、10月25日に各製品の公開プレゼンテーションや、本年度のグッドデザイン受賞者と審査員が投票のうえ決める。各受賞作品のうち約100点は、10月2日から10月22日まで東京・港区の「東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5階)開催する「グッドデザイン2007・ワールドプレミアム」展で一般公開する。入場は無料。

日本産業デザイン振興会=http://www.jidpo.or.jp/
グッドデザイン賞=http://www.g-mark.org/


■関連記事
日本産業デザイン振興会、グッドデザイン賞を決定、eneloopなどが受賞