シグマA・P・O、最大47V型の薄型テレビに対応するAVボードに新色を追加

ニュース

2007/10/01 14:10

 シグマA・P・Oシステム販売(シグマA・P・O、菅野高吉代表取締役)は、大型ディスプレイ用ラック「Simprect」の新色モデルして、従来色のブラックオークに加えチェリーカラーの「THBS104C」を10月上旬に発売する。価格は5万6000円。全国の家具店・カメラ量販店で販売する。

 チェリーカラーの木目柄は、「和風テイスト」の部屋に相性が良く、畳部屋に設置しても違和感がないという。ワイド108.5cmの天板は、47V型までのディスプレイに対応。中棚は2台のAV機器が収納可能で、機器のサイズに合わせて棚板を3段階に調節できる。CDやDVDディスクなどを収納する引き出しも備え、背面にはコードダクトを2つ設置。機器の配線をすっきりと収めることができる。

 本体サイズは幅108.5×高さ43.5×奥行き48cmで、重さは44.5kg。天板は、パーティクルボード素材を活用し120kgの重さまで対応する。

シグマA・P・O システム販売=http://www.sigma-apo.co.jp/
「Simprect」=http://www.sigma-apo.co.jp/front/products/230

オススメの記事