シマンテック、トップシェア堅持に向け50万本キャッシュバック作戦

ニュース

2007/09/19 21:55

 シマンテック(木村裕之社長)は、個人向けセキュリティソフト「ノートン 2008」シリーズのプロモーション施策で、キャッシュバックキャンペーンを9月21日から実施する。9月7日に発表した新版2製品ほか3モデルを購入したユーザーに、価格の約25%を返金。値頃感を打ち出し販売に弾みをつける。

 シマンテックは、BCNランキングのセキュリティソフト部門で、6年連続して販売本数でトップシェアを走り続けている。しかし、昨年からシェアは下降傾向。これまで年間販売本数シェアは一貫して40%以上をキープしていたが、07年1-8月の累計シェアでは33.2%。25.9%まで追い上げている2位のトレンドマイクロとの差は7.28ポイントに縮まってきた。そこで「返金金額は過去最高」(シマンテック幹部)のキャッシュバックキャンペーンを実施。2位以下メーカーを突き放しにかかる。



 対象商品は、「ノートン 360」と新版「ノートン・インターネットセキュリティ(NIS) 2008」「ノートン・アンチウイルス(NAV)2008」の3製品。パッケージ版の通常価格は「ノートン 360」が9775円、「NIS 2008」が8190円、「NAV 2008」が6195円で、キャンペーンでは「Norton360」を購入したユーザーには2500円、「NIS 2008」は2000円、「NAV 2008」は1500円をそれぞれキャッシュバックする。

 購入したユーザーは、専用Webサイトの入力フォームに名前などの情報を入力して応募。専用サイトは、キャンペーン開始日の21日に開設する。50万本の本数限定で販売が50万本を超えた時点でキャッシュバックは終了する予定。

 米本社設立25周年を記念したキャンペーンだが、キャッシュバックは日本法人独自の施策として実施。シマンテックではこのほか、販促イベントを家電量販店で開催し、新版に合わせた新しいキャッチコピーも用意。新版の発表に併せて大々的なプロモーション施策に打って出てシェア拡大を狙う。

シマンテック=http://www.symantec.com/ja/jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(セキュリティソフト)
シマンテック、PC3台までインストール可能な「ノートン・2008」シリーズ
シマンテック、「インターネットセキュリティ 2008」日本語β版、8月末まで
シマンテック、「ノートン 360」で初の店頭イベント、ビックカメラ有楽町店
シマンテック、8割が「パフォーマンスに不満」、パソコンのストレス調査

オススメの記事