リンクス、AV機器の稼動熱を冷まして故障から守る専用クーラー

ニュース

2007/09/18 18:45

 リンクスインターナショナル(リンクス、川島義之代表取締役)は9月18日、米Antecが開発したAV機器用冷却装置「Antec AV Cooler」を9月22日に発売すると発表した。実勢価格は1万6800円前後の見込み。

 DVDレコーダーやコンポなどのAV機器から発する熱を冷却するためのクーラーで、稼動熱を抑えることで故障発生を抑制する。本体は板状で、下部に2基の冷却ファンを内蔵。下部から熱を吸い込んで背面から排気し、同時に天板のプレートも冷却する仕組み。ファンのスピードは、1200と1600rpmの2段階から選択できる。

 AV機器の間に挟みこむように設置することで、上下に配置する機器両方を冷却することが可能。本体の足には、特殊なインシュレータを備えており、振動や共振を抑えることで安定した状態で設置できる。本体サイズは幅43×高さ4.7×奥行き36cm。重さは2kg。

リンクスインターナショナルhttp://www.links.co.jp/
米アンテック=http://www.antec.com/


■関連記事
リンクス、防水・防塵・防熱加工を施した世界最速160倍速のmicroSDカード

オススメの記事