アクト・ツー、キーボードの正面に置く新感覚マウス、手首の疲れも軽減

ニュース

2007/09/11 14:25

 アクト・ツーは、手首や腕にかかる負担を軽減する新感覚のマウス「トラックバーエモーション」を発売した。価格は2万6040円。

 「Centered Pointing Device (CPD) Method」と呼ばれる人間工学理論に基づいて開発したマウスで、キーボードの横ではなく正面に設置し、本体上部のバーや中央のつまみ、上下左右4つのボタンなどを使って、マウスポインタの移動やスクロール、左クリック・右クリックなどの操作を行う。

 本体の両脇にはレスト部分があり、キーボードを打つ間は手首や掌を置いて休ませることが可能。これらの工夫により手首や腕にかかる負担が軽くなり、腱鞘炎などの症状を改善できるという。

 カラーは本体がライトブラック、ボタン部分がシルバーメタリック本体サイズは幅280×奥行き105×高さ32mm、重さは300g。接続インターフェイスはUSBとPS2。対応OSはWindows Vista/XP/2000/ME/98/95と、Mac OS 9、Mac OS X 10.2以降。Windowsでは、専用ソフトをインストールすれば、好みのボタンをショートカットキーに設定するなどのボタンのカスタマイズも行える。

アクト・ツー=http://www.act2.com/
「トラックバーエモーション」=http://www.act2.com/products/trackbar/


■関連記事
アクト・ツー、旧iPodをMacのメンテナンスツールにできるソフトなど

オススメの記事