セガトイズ(國分功社長)は8月30日、万華鏡の映像を壁や天井に映して楽しむ投影機「投影式カレイドスコープ mangekyorooms」を11月に発売すると発表した。価格は1万2600円。

 暗い部屋の天井や壁、床などに万華鏡の幻想的な模様を投影機で映し出し、癒しの空間を演出できるもの。付属のビーズと空ソフトを使って「オリジナル投影ソフト」を製作し、世界で1つの万華鏡空間を作ることができる。ドーム型スタンド内に向けて投影すれば、万華鏡の光をルームライトとして使うことも可能。

 監修は、万華鏡の世界大会で2年連続最優秀賞を獲得した、万華鏡作家の依田満・百合子夫妻。電源はACアダプタで、投影ソフト7本とドーム型スタンドが付属する。なお、ソフト7本のうち3本は依田夫妻が監修したもので、4本は自作用の空ソフトとなっている。

セガトイズ=http://www.segatoys.co.jp/
「依田満・百合子夫妻の公式サイト」=http://www.yoda-scope.com/



■関連記事
セガトイズ、写真と動画が1台で撮れるカメラ、ハートや花のフレーム加工も