スカイプ・テクノロジーズS.A.(Skype)は8月24日、インターネット電話の無料ソフトウェア「Skype」の最新バージョン「Skype 3.5」、有料サービス「Skype Pro」のメディア向け説明会を開催した。

 「Skype 3.5」は8月8日から、「Skype Pro」は6月6日から提供を開始しているが、Skype日本オフィスの岩田真一ジェネラル・マネージャーは、「『Skype Pro』のサービスが浸透しておらず、ユーザーの混乱が見られる。再説明の必要がある」と、説明会の趣旨を説明した。

 「Skype 3.5」は、新たに動画共有機能を搭載したのが特徴。大手動画配信サイト「Dailymotion(仏)」「Metacafe(米)」の動画を「ムード」と呼ばれる自分のプロフィール部分に登録することができる。また、ビデオ通話をしている最中に相手の顔などをキャプチャーできる機能、着信した通話を他の「Skype」ユーザーに転送する「着信転送」機能なども盛り込んだ。

 「Skype Pro」は、ワールドワイドでは07年1月、日本では同6月から提供している有料パッケージサービス。Skypeでは「ヘビーユーザー向けのプレミアムパッケージ」(岩田ジェネラル・マネージャー)と位置付けている。月額利用料は300円で、「着信転送」のオプション機能や、低料金で国際電話がかけられる「Skype To Go」などを提供する。

 「着信転送」では、無料ユーザーの場合、着信した通話を「Skype」ユーザーにしか転送することができないが、「Skype Pro」ユーザーは、固定電話や携帯電話にも転送できる。

 「Skype To Go」は、格安の国際電話をかけることができるサービス。相手先の電話番号を専用ページに登録することで、「050」で始まる「To Go」番号を取得。「To Go」番号を利用することでSkypeネットワークを経由した国際電話をかけることができる。通話料金は受信先の国のSkypeOut接続料(4.9円)、現地の市内通話料金、発信先の電話の通話料金のみ。

 発信側も受信先も固定電話、携帯電話ともに利用できる。なお、国内の固定電話、携帯電話にかけることはできないが、「検討中だが、将来的には対応したい」(同)としている。

 「Skype」は07年6月末現在、全世界で2億2000万のユーザーが登録している。日本の登録ユーザー数は07年7月末時点で、570万ユーザーに達する。岩田ジェネラル・マネージャーは日本での展開について「1日に9000-1万1000人の登録があり、年末までには800万ユーザーを獲得したい」と目標を語った。



Skype=http://www.skype.com/intl/ja/