ソニーは、35000:1の高コントラスト比を実現した「ブラビア」ブランドのビデオプロジェクター「VPL-VW60」を9月20日に発売すると発表した。価格は44万1000円。

 独自のフルHDパネル「SXRD(Silicon X-tal Reflective Display )」と、入力信号の輝度レベルに応じて絞りを無段階に開閉する「アドバンスト・アイリス2」を組み合わせることで、207万画素(水平1920画素×垂直1080画素)のプロジェクターでは業界最高値の35000:1の高コントラスト比を達成。滑らかで豊かな階調表現と深みのある黒を再現できるのが特徴。さらに、ビデオプロジェクター用に開発した高画質回路「ブラビアエンジン」を搭載し、色鮮やかで深みのある映像を映し出せるようにした。

 「SXRD」は、解像度・コントラスト・応答速度に優れる独自の反射型液晶ディスプレイデバイス。「VPL-VW60」では、R(赤)、G(緑)、B(青)各色を液晶パネルで映像を作り、再度合成して映しだす「3SXRD方式」を採用。総画素数約622万画素の0.61型「SXRD」により、シネマフィルムのようなしっとりとした滑らかな質感を表現する。

 投射レンズには、フルHD映像の高い解像度を再現できる大口径レンズ「ARC-F(オールレンジクリスプフォーカス)レンズ」を採用し、画面のすみずみまでキレのある映像を再現。アルミの鏡筒にガラスレンズを収納、すべてのレンズに前面マルチ反射防止処理コーティングを施し解像度も高めた。100型ワイド画面で約3.1?5.3m(約1.8倍)の投射範囲をカバーし、投影スクリーンサイズは40型から300型まで対応する。

 接続端子には、PC入力に対応したHDMI入力を2系統搭載。ビデオ入力、コンポーネント入力、アナログRGBやPC接続のD-sub15ピン入力端子も各1系統ずつ装備した。HDMI入力では、再生機器やAVアンプなどとの接続で電源の「ワンタッチプレイ」「システムスタンバイ」が可能な「CEC機能」を搭載。ブルーレイディスクフォーマットで規定されている24p信号の入力にも対応する。

 このほか、独自の低ノイズファンや空冷エアーダクト構造などによる静音設計で、動作音を約22dBまで抑えた。操作性を高めた新リモコンを採用。本体サイズは幅395×高さ174×奥行き471mm、重さは11kg。

ソニー=http://www.sony.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(プロジェクター)
ソニー、新音楽プレーヤー「Rolly」の発売をサイトで予告
ソニー、有効1247万画素のCMOSイメージセンサー、デジタル一眼レフ向けに