プリンストンテクノロジー(池田譲治社長)は8月9日、22インチワイドの液晶ディスプレイ「PTFBHF-22RW」を8月中旬に、19インチワイド液晶ディスプレイ「PTFBHF-19RW」を8月下旬に発売すると発表した。いずれも価格はオープンで、実勢価格は「PTFBHF-22RW」が5万4800円前後、「PTFBHF-19RW」が3万7800円前後の見込み。

 パネル表面に光沢感を持たせる処理を施した「グレアパネル」を採用し、今まで以上に引き締まった深みのある黒や鮮やかな色合いを再現。応答速度は5ms、輝度は300cd/m2、コントラスト比は1000:1で、ゲームやDVDなどの動きの速い動画もスムーズに表示する。

 最大画面解像度は、22インチモデルが1680×1050ドット(WSXGA+)、19インチモデルが1440×900(WXGA+)。22インチモデルは「アスペクト比固定拡大機能」にも対応し、PCゲームなど4:3比率の映像を比率を変えずに縦横比16:10の画面に拡大表示することが可能。

 映像入力はアナログ入力端子(D-subミニ15ピン)に加え、著作権保護技術「HDCP」に対応したデジタル入力端子「DVI-D」を搭載。Blu-ray DiscやHD DVD、地上デジタル放送など著作権保護されたデジタルコンテンツを再生することができる。1W×2のステレオスピーカーやオーディオ入力端子も装備した。

 本体サイズは22インチの「PTFBHF-22RW」が幅510×高さ424×奥行き202mm、重さは4.9kg。19インチの「PTFBHF-19RW」は幅448×高さ378×奥行き196mm、重さは4.5kg。

プリンストンテクノロジー=http://www.princeton.co.jp/
「PTFBHF-22RW」=http://www.princeton.co.jp/product/tft/ptfbhf22rw.html
「PTFBHF-19RW」=http://www.princeton.co.jp/product/tft/ptfbhf19rw.html


■関連記事
本日の機種別ランキング(液晶ディスプレイ)
プリンストン、PCでも使える小型・軽量の車載用ワンセグチューナー
プリンストン、厚さ5mmで疲れにくいタブレット、Photoshop Elements付きも