河合楽器、合唱用の練習ソフト、合唱指揮者・松下耕氏の監修でより実践的に

ニュース

2007/08/08 12:44

 河合楽器製作所は8月7日、PCと接続したマイクを使って歌の練習ができる合唱練習用ソフト「プリマヴィスタ2」を8月29日に発売すると発表した。価格は1万3440円。

 作曲家で合唱指揮者の松下耕氏の監修のもと、従来の特徴はそのままに、より実践的な練習機能や楽譜作成機能を追加。楽譜通りの音程で歌えているかをソフトがリアルタイムに判定し、画面上で視覚的にチェックできる「音取り機能」に加え、松下氏が提唱する「移動do唱法」によるソルミゼーション(階名唱)サポート機能を追加。練習パートを強調表示したり、調性に応じた半音と全音の区別、難しい音程などを画面上の楽譜に表示することも可能。

さらに、視唱トレーニングや音程トレーニング、ハモリ測定のそれぞれの基本練習画面では、松下氏の出題による課題を、松下氏本人のアドバイスコメントを交えて表示。自分の歌のピッチをつねにグラフで確認できるので、より効果的な基本練習が行える。

練習のための楽譜作成機能も搭載。豊富な合唱用テンプレートを使って、ツールバーから記号を選んで貼り付けるだけで、手軽に練習用の楽譜を作成できる。ドラッグ入力や、PCのキーボードからの入力も可能で、作成した楽譜は音を出して確認し、練習曲として追加できる。

同社の楽譜認識作成ソフト「スコアメーカー」「スコアメーカーFX」で作成した、SDFやSDX形式のeスコア(電子楽譜形式のデータ)を開いたり、スタンダードMIDIファイルのインポートして使うことも可能。表示された楽譜を自分の歌いたい音域に合わせて自由に移調し、そのまま印刷することもできる。対応OSはWindows Vista/XP/2000。

河合楽器製作所=http://www.kawai.co.jp/
「プリマヴィスタ2」=http://www.kawai.co.jp/cmusic/products/primaproducts/primaindex.htm


■関連記事
本日の機種別ランキング(サウンド関連ソフト)

オススメの記事