クイックサン(安達寛高社長)とロボットライフ21(木村憲次社長)は7月24日、キーボードやマウスを使わず、声でインターネットブラウジングが行える「ロボットブラウザ」のプロトタイプを開発したと発表した。

 クイックサンの「ナンバリングブラウザ」技術と、ロボットライフ21の「コミュニケーションロボット」技術を融合し、共同で開発したブラウザ。「オートナンバリング機能」により、リンクや画像、フォームなどHTMLを解析し、リンク先に自動的に3桁の数字を表示。ユーザーがその数字を読み上げると、リンク先のページが表示される仕組み。

 ヘッドセットやマイクをパソコンに接続し、専用のブラウザをインストールするだけで利用可能。ウェブサイトの閲覧だけではなく、「戻る」や「進む」などブラウザの基本操作も音声でコントロールできる。

 両社は今後、非健常者の就労支援を目的とする施設や高齢者向け施設を中心に、都内数十か所で実証実験を行うほか、多言語展開も図る。また、共同で会社または事業体を設立し、それぞれが培ってきた技術や経験を集約することで、より高度な製品開発と普及を目指す。

クイックサン=http://www.quixun.co.jp/
ロボットライフ21=http://www.robotlife21.co.jp/


■関連記事
クイックサン、カーナビや車載テレビに接続できるワンセグチューナー
クイックサン、地デジチューナー内蔵の37、42V型液晶テレビ