松下電器産業は、撮影シーンをカメラが自動判別し最適な設定を行う撮影モード「おまかせiA(インテリジェントオート)」を搭載したコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX33」「LUMIX DMC-FX55」を8月25日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は「FX33」が4万3000円、「FX55」が4万5000円。

 「おまかせiA」は、「人物」「人物と夜景」「風景」「接写」「動き」の撮影場面をカメラが自動的に認識し、最適なピントや露出などの設定を行う。そのため、カメラまかせでもきれいな写真を撮ることができる。


 松下ではCCDや距離センサーなどで得た被写体の情報と、ピントやシャッタースピード、露出など、あらかじめ設定した、5つの撮影モードの情報から撮影に最も適したモードを選び出す独自のソフトを開発。画像処理回路に組み込むことで、カメラが瞬時に撮影場面を判断し、設定を行えるようにした。

 2機種ともに、松下初の「顔認識機能」も搭載。カメラが人物の顔を検出し、ピント合わせや露出の設定を行う。顔を検出は15人まで可能で、一度検出した顔は被写体が動いた場合でも追尾する。ピントを優先する「顔認識AF」、顔の明るさが適正になるように露出を制御する「顔認識AE」も備えた。


 そのほか、光学式手ブレ補正、高感度撮影機能、被写体の動きと明るさに合わせてISO感度とシャッタースピードを設定して被写体ブレを抑える「動き認識」機能を装備。3つの機能を組み合わせた「トリプルブレ補正」機能も備えた。

 「FX33」は有効810万画素のCCD、35ミリフィルムカメラ換算で28-100mmの独ライカ製の光学3.6倍ズームレンズを搭載。厚さは28mmズームレンズ搭載カメラでは世界最薄の22mm。幅は94.9mm、高さは51.9mm。


 モニターは2.5型液晶で、外部メモリはSDメモリカード、SDHC、マルチメディアカードに対応する。マルチメディアカードは静止画のみ利用できる。カラーはプレシャスシルバー、カクテルピンク、ショコラブラウン、コスモブルー、シェルホワイトの5色。

 一方、「FX55」は3.0型の大型液晶モニターを採用した機種で、CCDの有効画素数やレンズの焦点距離、対応メモリカードなどの基本性能は「FX33」と同じ。サイズは、幅94.9×高さ57.1×厚さ22.8mm。バッテリー、メモリカードを含む重さは165g。カラーはプレシャスシルバー、カクテルピンク、エクストラブラックの3色。


 同時に、高倍率のズームレンズを搭載した有効810万画素CCDのデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ18」も8月25日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は5万5000円前後の見込み。


 レンズは35ミリフィルムカメラ換算で28-504mmの独ライカ製の光学18倍ズームで、画素数を300万以下に落とすことで、803mmの最大28.7倍ズームが可能。「おまかせiA」「顔認識機能」「トリプルブレ補正」を搭載するほか、通常のコンパクトデジカメよりも詳細な撮影モードの設定をマニュアルで行える「アドバンスシーンモード」も装備した。

 27MBの内蔵メモリを搭載。外部メモリはSDメモリカード、SDHC、マルチメディアカードに対応する。サイズは幅117.6×高さ75.3×厚さ88.2mm。バッテリー、メモリカードを含む重さは407g。カラーはシルバーとブラックの2色。

 発表会で品田正弘・パナソニックマーケティング本部商品企画グループチームリーダーは、「LUMIXは年齢や性別に合わせた製品を開発することで、販売金額ベースではシェア20%で1位を獲得できた。今回の究極の簡単撮影モード『おまかせiA』を搭載したカメラを発売することで、この勢いをさらに加速させたい」と意気込みを述べた。


松下電器産業=http://panasonic.co.jp/
「LUMIX」=http://panasonic.jp/dc/
「FX33」=http://panasonic.jp/dc/fx33/
「FX55」=http://panasonic.jp/dc/fx55/
「FZ18」=http://panasonic.jp/dc/fz18/


■関連記事
本日の機種別ランキング(コンパクトデジタルカメラ)
松下、コンセントに直接差し込める4ポートハブ内蔵の小型PLCアダプター
松下、マイレッツ倶楽部限定で「レッツノート Rシリーズ」ブラックモデル
松下、トリプルブレ補正の720万画素コンパクトデジカメなど3機種