キングソフト(広沢一郎社長)は7月19日、総合セキュリティソフト「Kingsoft Internet Security」を無期限・無料化した「Kingsoft Internet Security free」のダウンロード提供を開始したと発表した。

 「Kingsoft Internet Security」は、アンチウイルス、アンチスパイ、フィッシング対策などの機能を備えた総合セキュリティソフト。対応OSはWindows Vista、XP、2000、Me、98SE。これまで更新料不要の無期限版を2980円、3台のPCまで使用可能な3ユーザー無期限版を3880円で販売していた。


 「Kingsoft Internet Security free」は、セキュリティソフト初の広告収益モデルを採用。画面上に広告が表示される代わり、有料の無期限版と同じ機能を、無償で使用できるようにした。同社では、広告配信でオーバーチュア、リンクシェアと提携。ソフトのインストール時にユーザーが入力した属性情報などをもとに、2社のエンジンから画面上やパターンアップデート時に立ち上がるポップアップに自動的に広告を表示する。

 また、楽天、エキサイト、GMOメディア、未来検索ブラジル、凸版印刷、フルキャストマーケティングなどとアライアンスを組み、キングソフトの自社サイトだけではなく、アライアンスパートナー各社のポータルサイトやDVDマガジン、ISPなどからもソフトを配布する。その際、アライアンスパートナーが配布するソフトの画面には、各アライアンスパートナーの広告を掲載する。



 広沢社長は「ウェブ重視のビジネスモデルに転換する。セキュリティソフトを完全に無料化したことで、速やかに市場に浸透させたい」と話した。3年間で500万ユーザーのダウンロードを見込む。

 同日、統合オフィスソフト「Kingsoft Office 2007」のバージョンアップと同ソフトのVisual Basic for Applications(VBA)対応版のダウンロード販売も開始した。VBA版の価格は5480円。

 「Kingsoft Office 2007」のバージョンアップでは、ワープロソフト「Kingsoft Writer」、表計算ソフト「同 SpreadSheets」、プレゼンテーションソフト「同 Presentation」共通の機能として、コントロールツールボックス、図のツールバーのグラフィックスを透明な色に設定する機能を追加した。

 このほか「Writer」には、箇条書き、段落番号の変更履歴を記録する機能、曜日とメールアドレスのオートコレクト機能を搭載。「Spread」は、ピボットテーブルの作成やセルの枠に合わせたオブジェクトのサイズ変更が可能になった。「Presentation」には表のオートスタイル機能を追加した。

 さらに、Plugin作成マニュアルをビジュアルベーシックで公開することで、ユーザー自身が自分の作りたい機能を追加できるようにした。今後はユーザーの声を取り入れ、「随時マイナーバージョンアップなどを進めていく『Office2.0』を目指していきたい」(翁永飆取締役)考え。

 一方、VBA版では、ユーザーからのニーズが高かった、マクロ機能に対応し、Visual Basicエディタでのコードの閲覧、編集などが可能になった。完全ではないが、マイクロソフトのオフィスで作成した一部マクロも動作するという。マクロの自動作成機能は搭載しない。

 VBA版の発売に伴い、8月1日?9月30日の期間中、ダウンロードと店頭販売している「Kingsoft Office 2007 Standard Edition」の価格を4980円から3980円に値下げするキャンペーンを行う。

キングソフト=http://www.kingsoft.jp/
「Kingsoft Internet Security free」=http://download.kingsoft.jp/kisfree/


■関連記事
本日の機種別ランキング(セキュリティソフト)
キングソフト、更新料0円のセキュリティソフト3台版を3880円で、店頭販売も