NECマグナス、携帯のカメラとGPSを使った空間検索技術、目的地までのナビも

ニュース

2007/07/17 10:12

 NECマグナスコミュニケーションズ(NECマグナス、日比野雅夫社長)は7月13日、米ジオベクターと共同で、携帯電話カメラ機能を利用した空間検索技術「OneShotSearch(仮称)」を開発したと発表した。

 同技術を使用すると、携帯電話のGPSと電子コンパスからの位置情報と方位情報をもとに、携帯電話のカメラに写る空間を検索対象にして、マウスを操作するように携帯電話のカメラを検索対象に向けてクリックすることで、写真画像上に情報を取得できる。


 検索結果はジャンル別に必要な情報だけを選択でき、自己位置を指定すれば特定の位置にある情報を検索できる。検索した目的地まで矢印と距離で案内するナビゲーション機能も備え、地図表示にも対応する。検索した店舗情報を友人に送信し、店舗までナビゲーションできる「メッセージ送受信機能」や、ブログ感覚でカメラ機能を使い情報を特定の場所に貼り付けられる「伝言板機能」、自己位置情報を元にバナー広告などを表示できる「広告表示機能」なども盛り込んだ。

 なお「OneShotSearch」には、米ジオベクターが特許を持つ空間検索技術をベースとした「GViDポインティングプラットフォーム」技術を採用。また、携帯電話用地図サイト「マピオンモバイル」を運営するサイバーマップ・ジャパンからコンテンツとサービスに関して協力を得た。

NECマグナスコミュニケーションズ=http://www.necmagnus.com/
サイバーマップ・ジャパン=http://www.mapion.co.jp/

オススメの記事