ソフマップとビックカメラ、卵型のスピーカー付き携帯オーディオを先行販売

ニュース

2007/07/12 19:45

 ソフマップ(野口進社長)は7月12日、アクセス メディア インターナショナル製の携帯オーディオプレーヤー「DigitalOlive(デジタルオリーブ)」を7月24日から先行販売すると発表した。発売に先駆け、ソフマップとビックカメラでは同日から予約受付も開始した。価格は5980円。

 スピーカーと本体が一体となった卵型のユニークなデザインが特徴。一体型のままでも、ステレオセットのように左右のスピーカーを取り外した形でも使える。世界的に優秀なデザインに与えられる「reddot design award 2007」も受賞した。

 USBメモリやSD/MMCカードに対応し、これらの記憶メディアに保存した音楽を再生可能。外部入力端子(AUX)にオーディオ機器を接続すれば、外付けスピーカーとしても使用できる。

 再生可能な音楽ファイルはMP3/WMA、インターフェイスはUSB2.0/1.1。電源は付属のACアダプタまたは単4形乾電池4本。本体サイズは80×140mm、重さは275g。カラーはシルバー、マットブラック、ピンク、ブルーの4色。

ソフマップhttp://www.sofmap.co.jp/
ビックカメラhttp://www.biccamera.com/


■関連記事
本日の機種別ランキング(携帯オーディオプレーヤー)

オススメの記事