ソフトバンクM、日本初のチタン素材使用の東芝製端末「814T」を14日に発売

ニュース

2007/07/11 20:00

 ソフトバンクモバイルは7月11日、チタンを採用した日本初の第3世代(3G)携帯電話「SoftBank 814T」を7月14日に発売すると発表した。

 東芝製で、本体上部表面にチタン素材を使用。サイズが幅約50×高さ101×厚さ14mm、重さは約97gの薄型・軽量を実現した。同時にチタン独自の独特な風合いと落ち着いた光沢で高級感のある端末に仕上げた。新開発のシートキーで操作キーの使いやすさも追求した。

 オートフォーカスに対応する有効196万画素のCMOSカメラを装備。非接触IC「FeliCa(フェリカ)」を搭載しており、「おサイフケータイ」機能が利用可能。航空券・電子マネーサービス「ANA全日空」「JAL日本航空」、会員・クーポンサービス「トクトクポケット」の「S!アプリ」を内蔵した。「PCサイトブラウザ」にも対応する。「顔認証機能」「ICカードロック」などのセキュリティ機能も備えた。

 メインディスプレイは解像度が240×320ドットの2.4インチQVGA液晶、サブディスプレイは0.8インチ有機EL。外部メモリはmicroSDカード。静止時の待受時間は約420時間、連続通話時間が約160分。

 本体カラーはチタンシルバー、ライトブルー、ローズピンク、ブラウン、ネイビーの5色。ライトブルー、ローズピンクは、準備が整い次第順次出荷する予定。

ソフトバンクモバイル=http://www.softbankmobile.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(携帯電話)
ソフトバンクM、2.4インチVGA液晶搭載の「814SH」「815SH」を7月7日に発売
ソフトバンクモバイル、10年超で50%割り引き、家族・個人向け新料金プラン
ソフトバンクM、ワンセグ対応の「805SC」など薄型スライド式端末2機種

オススメの記事