イーブック、電子書籍をネット上で預かるサービスβ版、100冊まで1年間無料

サービス

2007/07/04 10:00

 イーブック イニシアティブ ジャパン(鈴木雄介社長)は7月3日、同社が運営する電子書籍販売サイト「eBookJapan」で、電子書籍のオンライン書庫サービス「トランクルーム(β版)」を開始したと発表した。

 「トランクルーム」は、ユーザーが購入した電子書籍をインターネット上のトランクルームに保管するサービス。預けた電子書籍を読む際は、トランクルーム経由で電子書籍を読みたいPCに移動して閲覧する。

 従来と同様、著作権保護のため電子書籍データは複製できず、同時に2台のPCで読むことはできないが、閲覧できるPCは2台まで設定可能。このため、万が一PCが故障したり、買い替える際もこれまで購入した書籍を読むことができる。

 8月31日まではβ版として提供し、それまでに登録したユーザーは最大100冊まで、1年間無料で利用できる。正式サービスは9月3日に開始する予定で、年間利用料は50冊までが無料、500冊までが1260円、1000冊までが2520円、1001冊以上は6300円。

 同社では今後、PC周辺の環境が変わっても購入した電子書籍の閲覧を保証し、PC以外の端末に電子書籍を移動して読むことができるサービスへの拡張を目指す。

イーブック イニシアティブ ジャパン=http://www.ebookjapan.jp/
「トランクルームサービス」=http://www.ebookjapan.jp/shop/special/about_trunk.asp


■関連記事
イーブック、オリジナル検定サイトで「ゲゲゲの鬼太郎診断」
イーブック、東映アニメーションの動画配信サイトで電子書籍を販売
イーブック、紙では読めない、新潮社のデジタル配信限定の月刊コミック誌

オススメの記事