NTTドコモは6月18日、液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」の液晶技術を活用しワンセグを高画質で楽しめるソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製端末「SO903iTV」を6月22日に発売すると発表した。

 NTTドコモは6月18日、液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」の液晶技術を活用しワンセグを高画質で楽しめるソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製端末「SO903iTV」を6月22日に発売すると発表した。

 3インチのワイドQVGAカラー液晶を採用し、ワンセグの映像を16:9の比率で表示できる。画像処理回路にはソニーとソニー・エリクソンが共同開発した高画質技術「モバイルBRAVIAエンジン」を搭載。高コントラストで輪郭がはっきりした高画質な映像が楽しめる。オーディオ機能では低音を強調する「Bass Enhancement技術」も装備した。

 ワンセグ放送が視聴しやすいよう、約15度の角度で斜めに横置きできる、軸ずらし機構のきょう体構造を採用。ワンセグ専用操作キーも搭載した。内蔵メモリには、ワンセグの番組を約30分録画可能。外部メモリにはmicroSDカードを採用し、容量2GBのカードに約640分の録画ができる。予約録画も可能で、視聴を中断した場合に番組を一時保存し、中断した場面から再生して観ることができる「タイムシフト機能」、録画番組を1.3倍で再生できる機能も備えた。

 アプリケーションには、メールや撮影した画像などをカレンダー形式で表示する「ライフタイムカレンダー」、ゲーム「みんなのGOLFRモバイル2+ for SO」、Gガイド番組表リモコンを搭載。「おサイフケータイ」にも対応しており、携帯クレジット「iD」「DCMX」のiアプリも内蔵する。

 サブディスプレイは約1.1インチのモノクロ有機EL、メインカメラは有効約200万画素CMOS、連続待受時間は静止時が約590時間、移動時は約450時間。連続通話時間は約160分。サイズは、高さ111×幅50×厚さ19.9mm、重さは約138g。カラーはブリリアントレッド、メタルブラック、ピュアホワイトの3色。