ソフトバンクモバイル(孫正義社長)は6月14日、フラットスライド機構を採用したパナソニック モバイルコミュニケーションズ製端末「SoftBank 810P」と、Samsung電子製の世界最薄スライド式ワンセグ端末「SoftBank 805SC」を、6月16日に発売すると発表した。

 ソフトバンクモバイル(孫正義社長)は6月14日、フラットスライド機構を採用したパナソニック モバイルコミュニケーションズ製端末「SoftBank 810P」と、Samsung電子製の世界最薄スライド式ワンセグ端末「SoftBank 805SC」を、6月16日に発売すると発表した。

 「810P」は、U字型フレームを用いた新機構「フラットスライド」を採用し、ダイヤルボタン部と、ナビゲーションボタン部を搭載したディスプレイ部の段差を約2.6mmと低くすることで、ストレート型端末のような使い心地を実現したのが特徴。本体も約12.9mmと薄く、ポケットやバッグに入れてもかさばらない。

 最大約10倍のデジタルズームが可能な有効200万画素のモバイルカメラを搭載。PC用サイトを閲覧できる「PCサイトブラウザ」や「S!タウン」「着うたフル」などソフトバンク3Gサービスのほか、国際ローミングにも対応する。

 サイズは約51×109×12.9mm、重さは112g。連続通話時間は約180分、連続待受時間は約350時間。カラーはターコイズ、ホワイト、ブロンズ、ブラック、レッド、ピンク、ブルーの7色。



 「805SC」は、W-CDMA対応のスライド式ワンセグ対応携帯電話で、世界最薄の約13.5mmのスリムボディを実現。スライドを閉じた状態、開いた状態どちらでもワンセグを視聴できる。ワンセグ視聴中の音声通話着信やメール受信も可能。なお、録画には対応していない。

 搭載する有効200万画素のモバイルカメラは、最大4倍のデジタルズームやパノラマ撮影機能、撮影した複数枚の写真を1枚の写真に合成できる合成機能などを装備。ワイヤレスで携帯電話に保存した音楽を聴くことができるBluetooth通信や、下り最大3.6Mbpsの高速データ通信サービス「3Gハイスピード」にも対応する。

 サイズは約51.4×100.6×13.5mm、重さは101g。連続通話時間は約165分、連続待受時間は約230時間。カラーはホワイト、ターコイズブルー、ローズ、ラベンダーの4色で、ターコイズブルーのみ16日以降、準備が整い次第、順次発売する。