エポック社(前田道裕社長)は、テレビにつないで「テトリス」が楽しめるコントローラー型ゲーム機「みんなのテトリス」を7月28日に発売する。価格は、ゲーム機2台のセットで4494円。

 ゲームソフトとハードを一体化した「テトリス」専用ゲーム機。落下するブロックの大きさやスピードを選べる「スタンダードルール」、3分間の時間制限や特定のブロックを削除するなど一定のルールを定めた「スペシャルルール」、通常の対戦と「いたずら対戦」が選べる「2人でプレイ」「コンピュータ対戦」など、11種類のモードを用意する。電源は単3形乾電池4本。

 エポック社では脳システム論を専門とする諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授と共同で実験を行い、同ゲームの3分間モードで遊ぶと脳の前頭葉が活性化することを確認したという。特にハイスコアを目指したり、ホールド機能を使ったりすることで活性化が見込めるとしている。