アマゾン ジャパン(ジャスパー・チャン社長)は6月8日、新しい会員制度「Amazon プライム」を、同日開始したと発表した。年会費は3900円。最短で注文の当日に商品を配送する有料の付加サービス「お急ぎ便」が何度でも利用でき、1回につき1500円未満の注文でも送料がかからないのが特徴。米アマゾンで2年前から実施しているサービスを日本でも導入したもので、サービス開始に伴い、これまで関東地方に限って試験的に実施していた「お急ぎ便」の対象エリアも同日、沖縄と一部離島を除く日本全国に拡大した。

 アマゾン ジャパン(ジャスパー・チャン社長)は6月8日、新しい会員制度「Amazon プライム」を、同日開始したと発表した。年会費は3900円。最短で注文の当日に商品を配送する有料の付加サービス「お急ぎ便」が何度でも利用でき、1回につき1500円未満の注文でも送料がかからないのが特徴。米アマゾンで2年前から実施しているサービスを日本でも導入したもので、サービス開始に伴い、これまで関東地方に限って試験的に実施していた「お急ぎ便」の対象エリアも同日、沖縄と一部離島を除く日本全国に拡大した。


 「Amazon プライム」では、同居する家族2人までを家族会員として追加登録することも可能で、本人も含め最大3人で利用できる。商品の購入代金は、アカウントごとの精算で、家族ごとに個別で支払う。携帯サイトからの注文にも対応する。


 同社の通常会員の場合、注文額が1500円未満なら送料は有料。また、通常より早く配送する「お急ぎ便」を利用する際には1回あたり350円の追加料金を徴収している。米アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾスCEOは発表会で「今回のサービス提供で我々に発生するコスト面での負担は少なくない。しかし長期的な視点に立った場合、会員の利用頻度が高まり、より多くの商品を購入してもらえるメリットがある。そういった意味で、今回のサービスは投資の意味合いが強い」と、新サービスの狙いを述べた。


 また、ベゾスCEOは「日本のネット普及率や配送システムを含めた市場環境には非常に満足しているし、これからも期待している。我々が提供する商品の品質や価格、品揃えにはまだまだ改善の余地がある。これからはそういった方向からユーザーの利便性を高めていきたい」と、今後の方針を語った。