マイクロソフトは6月6日、PDA(携帯情報端末)や携帯電話向けOS「Windows Mobile(ウィンドウズ・モバイル)」の最新版「Windows Mobile 6日本語版」の提供を端末メーカーなどに開始したと発表した。ウィルコムとソフトバンクモバイルが同OSの採用を発表。搭載端末が07年夏から順次発売される予定。

 マイクロソフトは6月6日、PDA(携帯情報端末)や携帯電話向けOS「Windows Mobile(ウィンドウズ・モバイル)」の最新版「Windows Mobile 6日本語版」の提供を端末メーカーなどに開始したと発表した。ウィルコムとソフトバンクモバイルが同OSの採用を発表。搭載端末が07年夏から順次発売される予定。

 最新版ではメール機能とセキュリティ機能を強化。メール機能ではHTMLメールの対応や英語のスペルチェック機能などを追加し、パソコンと同様の操作を実現した。Exchange Serverと連携し、社内のメールやファイルにアクセスすることも可能。Word 2007、Excel 2007、PowerPoint 2007に対応しており、ファイルの閲覧・編集もできる。

 セキュリティ機能では、デジタル証明書の取り込みが容易にできるようにした。企業などで利用した場合のポリシー管理機能も高めた。パスワードの有効期限設定が可能なほか、メモリカードのデータを強制的に暗号化したり消去できる機能も搭載。また、同OS搭載端末をシンクライアントとして活用することが可能になり、パソコンやサーバーのアプリケーションを遠隔操作して、作業を行うことができる。

 ウェブ閲覧機能では、メッセンジャー、検索、ブログなどのサービスをパソコンと同じように操作して利用できるようにした。標準搭載するブラウザ「Internet Explorer Mobile」は、プログラムの改善を行うことで閲覧スピードを30%向上。VGAやワイドVGAなどの高解像度ディスプレイに対する最適化も行い、ウェブサイトの再現性や表現力を高めた。