富士フイルム(古森重隆社長)は6月5日、エントリー向けコンパクトデジタルカメラ「FinePix Aシリーズ」で、有効903万画素のCCDと光学4倍ズームレンズを搭載した上位モデル「FinePix A900」を6月23日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

 CCDに有効903万画素の「スーパーCCDハニカムHR」を採用。35ミリフィルムカメラ換算で39-156mm相当のフジノン光学式4倍ズームレンズも搭載した。デジタルズームと併用することで、最大30.4倍までのズームが可能。

 親指だけで簡単に操作できる「モードダイヤル」を装備。「AUTO」や「ベビーモード」「夜景モード」などのシーンポジション選択時に画面に説明文を表示するなど、初心者向けに配慮した。液晶モニタのサイズは2.5型で、晴天下などで反射を防ぎ、見やすさを向上させるコーティングを施した。

 撮影機能として、シーンに最適な発光量と感度を自動調整する「iフラッシュ」を搭載し、フラッシュを使う場合でも人物の白とびを防ぐ。最高感度はISO800で、手ブレ・被写体ブレに強い「ブレ軽減モード」も備える。また、高速赤外線通信「IrSimple/IrSS」に対応し、同社製デジタルカメラやモバイルプリンタ「Pivi」などにワイヤレスで画像を送信することができる。

 SDメモリカードとxD-ピクチャーカードに対応したデュアルスロットを装備しており、どちらのメモリカードも使える。電源は単3ニッケル水素電池、単3アルカリ乾電池に対応。本体サイズは幅97.3mm×高さ61.7×奥行き32.1mm、電池を除く重さは約156g