ソニーは5月24日、半導体層に有機物を使用した薄膜状のトランジスタ「有機薄膜トランジスタ(有機TFT)」と有機EL素子をプラスチックフィルム基板に集積することで、曲げることもできるフルカラー有機ELディスプレイを世界で初めて開発したと発表した。

 開発したディスプレイは画面サイズが対角2.5インチ、画素数は160×120で、表示色数は1677万7216色。コントラスト比は1000:1、輝度は100cd/m2。

 従来、有機ELディスプレイは、ガラス基板の上に、シリコン半導体材料を使ったTFTを形成。その上に有機ELの発光素子を積層して製造していた。ソニーでは今回、プラスチックフィルム上に有機TFTを形成することで、薄くて軽い上、曲げることもできるディスプレイを開発した。

 ディスプレイの高画質を図るため、上面発光方式の有機EL構造を採用。有機EL素子の発光層を有機TFTの上面に置いて、画素同士の間隔を狭くすることで、高精細化を実現した。同時に、上面発光方式の有機ELを配置し駆動させるための有機TFTの微細加工技術も開発した。さらに、独自の電極構造と絶縁膜も作り出すことで、有機TFTの性能を高めた。